ななしちゃんブログ

ひきこもりで発達障害者(ADHDとアスペルガーを併発)のニートオタクが社会復帰と人間復帰を目指すブログ

理想と現実について

f:id:isosan97:20170811104557j:plain

 

私の今現在の苦しみの大半を占めているものは理想とする自分と現実世界の自分のギャップです。

私はプライドと理想が高く完璧主義的な所があるのですが現実の自分は経歴とスキルの無いひきこもりニートかつ貧乏(生活保護受給者)なので理想の自分や理想の生活とは程遠いです。関係ないですが貧乏なので欲しい物も買えないし行きたい所にも行けません。

 

私はオタクで非モテ(※モテない人)ですが、人生に於いて恋愛や色事を重視していないしパリピになりたい訳ではないので俗に言うリア充と呼ばれる方々を見てもなんとも思わないというかお空の上の存在としてしか認識していないので気にならないのですが、オタクで充実してる人を見ると苦しくなります。

充実しているオタクの方々が正しく私が理想とする生活を行っている(と思える)からです。絵を描いて(しかもそれが上手くて)自分の描きたい表現をしていて、それで同人誌を出してコミケや即売会にサークル参加して出した本も売れ売れで評価もされてて、同じ趣味の仲間と交流もして欲しい同人誌も手に入れて…。羨ましいったらありゃしない。

他にもアニメのイベントや聖地に行ってイベントや聖地巡礼を愉しんそこでグッズを買ってとか、円盤や関連書籍類は当然としてグッズも買って公式サイドにもちゃんとお布施して…。二次嫁(婿でもいいよ)ともラブラブで画力があるから二次嫁とラブラブする同人誌描いて…。とか正しく私が理想と生活です。そこに絵を仕事としているプラスされるなら尚更です。

それに比べて私は絵が上手くないし画力がないから描きたい物が描けないしそもそもまず積極的に絵を描かないし遠征費用がないからコミケ聖地巡礼も行けないしお金がないから欲しいグッズも買えないetc.。オタクとしてヒエラルキーが低い事をひしひしと感じていますし理想の自分になれない事も理想に近づく為に行動できない事も苦しい思いを抱く原因となってます。

 

理想を抱くのは良い事だと思います。理想の為に行動や努力する事は立派です。出来る事なら私もそうしたいです。だけど出来なくて苦しいしそんな現実の自分は嫌だ。

この状況から抜け出すにはひたすら理想の為に行動か理想は抱くけど現実の自分を認めてあげるかのどちらかなんだろうなあ。どちらの道を歩めば楽になれるだろうか。自分らしく生きれるだろうか。

 

ななしちゃん